2010年03月06日

幕末志士


「幕末の志士」がよくわかる本 (PHP文庫)

「幕末の志士」がよくわかる本 (PHP文庫)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2008/10/01
  • メディア: 文庫



ここ最近、幕末の志士たちに興味がある。
これは、私にとって異例の事である。

私は実を言うと、江戸〜昭和あたりの、日本の近代の辺りが苦手だ。
それよりも、縄文・弥生〜平安辺りの方が好きだ。

大学でも、実は近代神道史とか、その辺りを、避けていた節がある。
いや、それは今でも変わってないだろう。

ただ…なんだか、そういう「歴史」的なものよりも、人の「生き様」というのが、最近気になりだしたというか、何というか。
その人の「物語」って、いうのかな。

職業上、人の死に触れる事が多いからかもしれない。
今の自分の状況もあるかもしれない。

「この人はどういう理想を持ち、どういう行動をしてきたのだろう」
「この人は、この時何を考えていたのだろう」

そういう事が、知りたくなったというか。
今更感はあるが(苦笑)

ここ最近、世間でも幕末ブームというか、そんな感じである。
高校生が、「わたし、幕末好きなんです」とか面接の場で言っていて、ちょっと驚いた。

私自身、あんまブームとかに乗らない人なんだけど、むしろ、世間のブームとまったく何の脈絡も関係もないものが、その時自分のマイブームになっていたりする事がよくあって、「世間とずれてるなぁ」なんて思う事もしばしば。

だから、とっても今の状況は珍しいというか。
そんな事を思っていたら、今日の朝コンビニでこんな本を見つけたので、買ってみた。
人物別に書いてあって、わかりやすい。
でも、多くの人物を紹介している分、一人一人のページ数が限られていて、かなり概略的になってしまっているため、本当に知りたい人には、物足りないと思う。
まぁ、幕末志士入門書としては最適かも。


…あれかな、騒々しいのが嫌いな私にとっては、世間で一通り騒がれて、一通り関連書籍や何かがでて、騒ぎが収まったころに、ゆっくりと情報を仕入れるというか、そんでハマるというか。

マイペースだなぁ。

…しかし、「というか」が多い文章だなぁ。

他にも何か、面白い本があったら紹介してください♪
posted by 霧島 安曇 at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月14日

だからよー

なんだか、仲間の寺田さんと岩谷さんのブログを見ていたら、無性にもう一度石垣島に行きたくなった(詳しくはリンクの「美らピープルになろう」、「いわたにえりこアートワールド」を読んでね)。

初めて行ったのは、大学の時。ゼミの研究旅行がこの石垣島だった。
その時、先生から事前知識として読むようにと渡されたのが、これ。
51YAK8M3C5L__BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA240_SH20_OU09_.jpg

商品紹介 → http://www.amazon.co.jp/%E9%A2%A8%E8%BB%8A%E7%A5%AD-%E3%82%AB%E3%82%B8%E3%83%9E%E3%83%A4%E3%83%BC-%E6%96%87%E6%98%A5%E6%96%87%E5%BA%AB-%E6%B1%A0%E4%B8%8A-%E6%B0%B8%E4%B8%80/dp/4167615029

舞台は石垣島内という極めてローカルな作品ながらも、じわじわと迫りくる全島沈没の危機に立ち向かう、少年と幽霊とオバァと豚の、生命力溢れる、陽気で壮大で、ちょっぴり悲しい物語。

………。

石垣島の人々の信仰、生活に密着し、実在する地名やウタキ、お店を巧みに交え、何よりも、作者のこの島への溢れんばかりの愛が感じられるこの一冊。

島を彷徨う少女の幽霊への恋に悩む少年。
長生きに異常な執念を燃やす、陽気で陰気な島のオバァ。
飲み屋で酔いつぶれて、路上にすっころがって朝を迎える女子高生。
人語を解し、禁断の恋に陥る六本足の豚の妖怪。

石垣島に行きたいけど、そんな余裕がないというそこのあなた。
残りの夏をどう過ごそうか迷い中のあなた。
是非この一冊を手に取り、分厚い壮大な冒険の旅に出掛けましょう。


……出版社のまわし者ではありません。

ああ、石垣島行きたいなぁ!

…もう一回読もうっと。


寺田さん岩谷さん、いい思い出をありがとう(え?)
posted by 霧島 安曇 at 19:54| Comment(1) | 気になる本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。