2010年07月17日

ビョーク「Hyperballad」〜洋楽への目覚め

どうしたことだ。
最近突然洋楽に目覚めてしまった。
特にビョーク。
言わずと知れた、アイスランド出身の間違いなく世界を代表する歌姫の一人。
もちろん名前も知っていて、アイスランド好きな私としては当然触れていていい筈だったが、その音楽を今まで聴いたことがなかったのだった。

きっかけは、ツイッターを始めたこと。「ICELANDia」というブログのオーナーさんとツイッター上で出会ってからだ。
アイスランド音楽について情熱的に語るこの方に影響を受けて、
「そういえば、アイスランド音楽って聴いたことなかったな。いい機会だ、聴いてみるかな」
そうだ、アイスランドと言えばビョークがいたな。
どうせならPVも、とニコ動で検索したのでした。
一番最初に聴いた(見た)のが、「All is Full Of Love」。
女性(と思われる)ロボット二人が抱き合いながら歌っているこの奇怪(笑)なPVに、大変な衝撃を受けたのだった。
でもタイトルの「All is Full Of Love」を改めて見て、「ああ、こういうメッセージを持った人なんだ」と私なりにビョークの想いがずどーんと響いたのでした。
で、その後聴いたのが「Hyperballad」。
海外の音楽番組の動画だったが、これまた心の琴線に触れる曲。
これはやばい、と鳥肌ものでした(下に貼り付け)。
これはオリジナルと比べて多少アレンジがあるのかな?
全体のテンポは変わらないのだけど、二番サビあたりから入ってくるリズムがとても好み。
オリジナルよりこっちのが好きかも知れない。
そして最高に盛り上がった後、静かにストリングスの余韻で終わる…。
全体を包む、神秘的な透明感。
こういうの、たまらなく好きです。

なんでもっと早く出会わなかったんだろう。
いや、自分から聴こうとしなかったからだ。
すぐそこに、いつでも手が届いたのに。
でも、今だから届くこのメッセージ性。
アイスランドの透き通る氷のような音。
氷面下のマグマのような狂気にも似た情熱。
大いに刺激を受ける…。
きっかけを下さった「ICELANDia」ブログオーナー様に、大感謝。




こんな感じの、ストリングスアレンジの澄んだ(アップテンポな)曲、他に知ってる方がいましたらぜひ教えてください
posted by 霧島 安曇 at 01:17| Comment(0) | 気になる音楽・映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。